ふりかえり<5/17(日)第7回こども発達支援研修会>

5/17第7回こども発達支援研修会

5/17に第7回こども発達支援研修会を行いました(^ ^)

今回も、皆様がとても暖かく参加していただいたおかげで、楽しく深い学びができました。

次回もよろしくお願いします!

満足度

今回も満足73.5%、やや満足26.5%で、満足度は、

100%

でした!


質問

質問があったので、お答えします!

「認定トレーナーは段階を追って受講しなくてはいけないものですか?」

→認定トレーナーコース、プランナーコース、コーディネーターコースは段階的に受講していただくようになっていますので、別々で受講することができません。

よって、参加する場合は、全員トレーナーコースからの参加となります。よろしくお願いします。

一番学びになったことは?

  • チャットを通して、他の人の考えを知れたこと
  • 現場の教員が「判断」してもよいことと音読が参考になりました。
  • すごろく、トランプで数の概念がはいるということが、目から鱗でした
  • 勉強不足で漠然としか知らなかった学習障害について詳しく知れたこと、他の参加者さんのチャットでのご意見も参考になりました。
  • 認知負荷を下げる具体的な例をおしえてもらったこと。
  • 学習支援~学力とは何か?
  • SLDへの学習支援は、認知負荷を減らすこと。音読指導の重要性
  • LDの細分化とその子に対する症例と具体的な支援が多くあって非常に参考になりました!お腹一杯です。
  • 数の三項関係・音声化の大切さ・認知負荷を下げる支援を考えること
  • SLDのそれぞれの症状やポイントについて
  • LDの事を具体的に勉強でき、どのように子ども達に支援していけばいいかのヒントがたくさんありました。
  • 音読の意義と認知能力の考え方
  • 音読の重要性を一年生の時に知りたかったです!
  • 検査の使い分け 支援方法
  • チャットを通して、他の人の考えを知れたこと
  • 音韻の課題の子には 音から入って文字をみる というやり方をお聞きし 試してみようと思いました
  • 認知能力へのアプローチの視点がとても参考になりました。伸びるかどうかわからない認知能力を伸ばすのでなく、持っている力で得意な手段を探す。認知負荷を減らしながらの学習支援について、現場でも実践していけたらと思います。
  • 得意なところを活かして、苦手な部分の学びを高めるという考え方をもつこと。
  • SLDへの学習支援の仕方について。ネットの接続が不安定で聞き逃したところがあるのが残念です。
  • 算数障害の数詞、数字、具体物の関係
  • みんなと同じように頑張らせることが正しくはない、とわかった。その子に合わせた学びが大切ですね。
  • 案数障害の序数性と基数性の優位さがあることで、それぞれに合った数遊び(すごろく・トランプ等)の活用が有効であること
  • ディスレクシアなど必殺技みたいな名前って発言がつぼでした。
  • 学習支援を行うことが、学習の遅れをカバーするだけでなく、二次障害の予防にもつながる、ということです。 わたしは大学時代に「子どもの貧困」について研究していたのですが、そのときの学習支援の意義と同じところがあるんだな、と感じました。
  • 認知負荷を減らすことへのアプローチ
  • 算数障害や書字障害のお子様への具体的支援

たくさんのコメントありがとうございます!みなさんが興味のあるところを会員で分析して、より興味の高いポイントを厚く解説できるよう、次回より改善して参ります(^ ^)

次回扱ってほしいテーマ

  • 発達性協調運動障害について
  • 習障害でも意欲があって頑張るお子様がいます。なかなか定着はしないのですが、自己肯定感を下げないよう支援していきたいのでその方法ど、どのようなタイミングでIT機器での支援に切り替えていくのが良いのか。。悩みます。その辺りをお話聞かせて頂きたいです。
  • 認知負荷が多い子どもの支援。内容読解にエネルギーを使えるようにする方法。
  • 様々な事例を知りたいです。
  • 分かってくれない学校とどうつきあうのか。早くしないとさらに納税者減りますよね。
  • 書字の困難で、例えば、エビデンスに基づいた漢字の習得の具体例等
  • 学習障害の子への具体的支援、緘黙への対応
  • 乳幼児の発達段階や原始反射など段階に応じた関わりについても興味があります。
  • 通常学級で実際にできる支援方法
  • 具体的な支援例、小学生向きでなく、中高、大人も含めてお願いしたいです。
  • 具体的な支援の仕方。例えば漢字をなかなか覚えられない子にはどうしたらいいかなど。
  • 知的障害(高学年) 特に友人関係について聞きたいです。
  • WISCの4観点について。
  • ADHD
  • 愛着障害や情緒面でのしんどさを抱えている子ども達の理解について
  • 具体的な支援についてと、二次障害を抱えているお子さんへの支援について学びたいです。
  • 認知負荷の下げ方
  • それぞれの得意にあわせた指導法の具体例をたくさんお聞きしたいです
  • 国語の文章読解についての支援方法を詳しく知りたいです。
  • L D支援方法を具体的に学びたいです。

希望を書いていただきありがとうございました。次回テーマを今後決めていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

感想

  • 毎回、とても勉強になります。 ありがとうございます。
  • とても内容の濃い良い講座でした。ありがとうございました。
  • 初めてのZoomで緊張しました。初めは,チャットにどうやったら参加できるか分からずに呆然としていましたが,途中のブレイクルームタイムに教えていただくことができました。自宅に居ながらにして東京,九州の方とお話しでき,感激しました。今日は,自分の不手際もあり,本題について十分に語り合えなかったのが,少し残念に思いました。自分の勤めは,明日より再開となり,また忙しくなると思いますが,ぜひ,また,参加できればと思います。
  • ありがとうございます。日々行っている支援で、さらに深い根拠がわかりました。音読の効果も保護者と共有したいです。
  • とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。
  • 5月3日に続き、2回目の参加です。 毎回わかりやすい説明をしてくださるので、学びも多くとてもうれしいです! チャットの内容も丁寧に拾ってくださり、質問にもその都度お答えいただいているところが、とてもありがたいです。 これからもまたぜひ参加したいと思っています!
  • いつもありがとうございます。前田先生の話し方は親しみやすく的確で敵は少ないことでしょうと感じます。
  • ありがとうございました。本人がやり易い方法を見つけていきたいと思いました。
  • 根拠の説明が随所にあるので、何が大切か、とてもわかりやすいです。質問にも随時答えてくださるので、そこも参考になります。
  • 今日はありがとうございました。途中回線が切れたり、PCトラブルで退出し、ご迷惑をおかけしました。スマホにズームを入れて再入室しましたが、スムーズに入れていただけてありがたかったです。こちらの不手際でお話が途切れ途切れになってしまったのが残念でした。ユーチューブにアップしていただけると嬉しいです。
  • 無料で学ぶことができたことに感謝します。コロナが落ち着いたら会場に出向いて、話を聞きたいです。
  • 今回もとても勉強になりました。ありがとうございました。
  • ADHD,ASDの支援よりSLDの支援が一番難しいと思っていたのでとても参考になりました。
  • あっという間でした。楽しかったです。K-ABCの活用法、ようやくわかりました!LDも奥が深い世界ですね。学びを深めたいと思います。チャットで答えることができて、在宅でも集中して取り組むことができて面白かったです。
  • 日々子ども達とかかわっていますが、知らないことばかりで、とても学びになりました。zoomということで、普段ならば遠くて参加できない研修に参加できたので、すごくありがたいなあと思っています。ありがとうございました。
  • ともはる先生の話は全て学びになります。
  • 内容を絞って教えてくださったので、SLDについての理解が深められた。

たくさんの感想ありがとうございます!

感想にあったトレーナーコースは、こちらからも申し込みができますので掲載しておきます(^ ^)

最新情報をチェックしよう!