トラブル後のソーシャルスキルの高め方 〜すぐ謝れる子と謝れない子の違い〜

トラブルがあると・・・

子どもの生活はトラブルの連続です。それは、悪いことではなく、トラブルを経験する中で学び、社会に適応していく大事なステップです。

 

しかし、大人がトラブルの仲裁に入ると、「ごめんさない」とすぐに謝れるがいる一方で、謝ることができない子がいます。大人としては、「とりあえず喧嘩したことは謝ろう!」と伝えますが、頑固な態度につい、

「謝りなさい!」
「あなたもやったんでしょ!」
「あなたにも責任はないの?!」

と、つい怒ってしまいそうになります。

 

一体どうすればいいでしょうか?

 

すぐに謝ることができない子

先生が「謝ろうね」と言っても動かない。「何か理由があるの?」と聞いても何も言わない。

このような子は、「心がない」「性根が腐っている」と先生に見捨てられてしまうこともあります。

 

しかし、「謝らない」という選択をする子の多くは、頭の中で自分なりの理由をもっています。

 

よく、現場で見られるのは、「多動性と言語能力が高い子」です。

説明する力があるが、多動性が高いのでうまく思考がまとまらないため、とりあえず「話を聞いて!」「ちょっと待って!」と言います。

言いたいことがあるので、すぐに謝る態度を取れないのです。

 

 

あるいは、「他者視点の想像が苦手で、言語能力が高い子」なども、自分なりの理由を述べますが、相手の気持ちは想像しきれてないので、大人から「相手のことを考えて!」「あなたも嫌でしょ!」と言われても納得できません。

そのため、わがままな態度に見えてしまうことがあります。

 

共通するのはどちらも、言語能力が高いことです。そして、すぐに謝れない子は、頭の中で言葉を整理しています。

だから、大人は

  • 「大丈夫、落ち着いて」
  • 「ゆっくりでいいから説明して」

とまずは待ってあげることが大切になります。

 

「話を聞く」ことが大切だと多くの人は理解していますが、「話してくれない」となると自分の言いたいことを言ってしまう大人は多いです。

よって、「謝ることができない子」には「待つ」という対応が大切になります。

時間はかかりますが、自分の考えを聞いてくれるという体験が、結果的に大人への信頼に繋がり、次のトラブルの予防になります。

 

すぐに謝る子

逆に、トラブルの後に、すぐに謝ることができる子もいます。

 

一見とても素直に見えますが、実は注意が必要です。

もちろん、自分で反省して振り返り、すぐに謝ることができる子もいますが、一方で、振り返る力が低く、実は何も考えておらず反省していないケースがあります。

 

自分のしたことに対して深く考えておらず「謝ったら終わり!」と理解しているので、すぐに謝ることができるのです。

「謝る」という行為は大切ですが、次も行動が改善されなければ、意味はありません。

 

よって、すぐ謝る子には、「何がダメだった分かる?」と、質問することが大切です。

自分の言葉で振り返りをすることで、次にどうすればいいかイメージが持てて、同じ失敗を防ぐことができます。

 

そして、質問しても答えられない時は、なぜダメなのか理由を伝えることが大切です。

理由がわかれば、同じ状況になっても行動を変えることができるからです。

(なお、長々とお説教すると思考をミュートしますので、端的に伝えることが大切です)

 

最後に

トラブル指導は「謝る」という点にこだわってしまう人がいますが、目的はトラブルを回避したり、再発を防ぐことです。

どちらのケースも謝ろうが、謝るまいが、次に繋がらなければ意味がないのです。

一番の目的は何かを考えて、対応することが大切ですね(^ ^)

以上です!

 

【公式アカウント】

友だち追加
*メールアドレス
お名前(姓・名)

【イベント情報】

最新情報をチェックしよう!