子ども発達支援研究会




基礎講座タイトル一覧

発達障害の現状と社会的支援

この講座では、発達障害を抱える人が現在どのような社会状況にあるのかを紹介していきます。また、発達障害者を支援する法律や制度も併せて学び、支援に関わる人がどう位置付けられているのかを明確にしていきます。

目次

1、発達障害とは?
2、障害をめぐる議論
3、発達障害と法律
4、発達障害と社会制度

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

ADHD(注意欠如多動症)の現在

この講座では、ADHD(注意欠如多動症)について紹介していきます。基本的な症状から、なぜこのような症状が見られるのかを脳科学の観点から解説し、同時に実際に現場で使われている支援方法を紹介していきます。

目次

1、ADHDと社会状況
2、ADHDの症状
3、ADHDの理論
4、ADHDの支援

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

ASD(自閉スペクトラム症)の現在

この講座では、ASD(自閉スペクトラム症)について紹介していきます。基本的な症状から、なぜこのような症状が見られるのかを脳科学の観点から解説し、同時に実際に現場で使われている支援方法を紹介していきます。

目次

1、ASDと社会状況
2、ASDの症状
3、ASDの理論
4、ASDの支援

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

SLD(限極性学習症)の現在

この講座では、SLD(限極性学習症)について紹介していきます。基本的な症状から、なぜこのような症状が見られるのかを脳科学の観点から解説し、同時に実際に現場で使われている支援方法を紹介していきます。

目次

1、SLDと社会状況
2、SLDの症状
3、SLDの理論
4、SLDの支援

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

DCD(発達性協調運動症、チック、場面緘黙、吃音の現在)

DCD(発達性協調運動症)や、チック、場面緘黙、吃音などの神経発達症(発達障害)に関する疾患の紹介と、現場で使用される基本的な支援方法について紹介します。

目次

1、DCD(発達性協調運動症)について
2、チック(トゥレット症)について
3、場面緘黙について
4、吃音について

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

発達障害と精神症状

発達障害は二次障害や愛着障害をはじめとする、精神症状を合併するケースが多いことが知られています。この講座では、基本的な精神症状と支援方法、また心が不安定になる思春期への対応の仕方を紹介します。

目次

1、発達障害と精神症状
2、愛着障害について
3、思春期・青年期の支援

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

認知機能の特徴と実際

発達障害はその発達に凸凹があり、これは脳の認知特性の差となって現れていると言われます。この講座では、認知機能の基本的な情報と、現場での現れ方を考えて、支援にどうつなげるかを紹介していきます。

目次

1、認知機能とは?
2、感覚について
3、認知機能の差と現れ方について
4、アセスメントについて

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

発達段階論(言語、情緒、社会性、身体)

乳幼児期よりの発達段階を把握しておくことは、子どもの発達上の課題を把握するためには重要です。この講座では、言語、情緒、社会性、身体の4つの観点から発達段階を学んでいきます。

目次

1、言語の発達
2、情緒の発達
3、社会性の発達
4、身体の発達

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら


神経発達物質と薬物療法

発達障害の症状は、神経発達物質の働きと関係が深いと言われています。また、神経発達物質の働きは発達障害の薬物治療にも関係してきますので、双方の知見を交えて紹介していきます。

目次

1、神経伝達物質とは?
2、神経伝達物質と症状の関係
3、発達障害の薬物治療

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

就労と進学の制度と実際

発達障害を抱える子は、進学や就労において様々な制度が存在します。また、困難のある子は、入試や試験等での合理的配慮等の支援も重要になります。このような社会資源を支援時に生かせるよう学んでいきます。

目次

1、発達障害の社会的状況
2、発達障害と進学
3、発達障害と就労

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

発展講座タイトル一覧

ABA(応用行動分析)の理論と活用法(1)

この講座では、発達障害者支援で使用されるABA(応用行動分析)の理論、考え方を紹介します。また、行動の観察方法や記録方法、支援現場での指導技術のポイントを、実際の支援事例をもとに紹介していきます。

目次

1、応用行動分析とは?
2、行動分析の方法論
3、行動分析を用いた指導技術

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

ABA(応用行動分析)の理論と活用法(2)

この講座では、発達障害者支援で使用されるABA(応用行動分析)の理論、考え方を紹介します。また、行動の観察方法や記録方法、支援現場での指導技術のポイントを、実際の支援事例をもとに紹介していきます。

目次

1、行動アセスメントについて
2、ケーススタディ

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

SST(ソーシャルスキルトレーニング)の理論と活用法(1)

ソーシャルスキルの指導については、様々な現場で重要性が認識されています。この講座では、SSTの理論に加えて、実際の個別支援場面、集団指導場面のケースをもとに、どう教えて支援していくのかを紹介していきます。

目次

1、SST(ソーシャルスキルトレーニング)とは?
2、SSTの実態把握
3、個別支援におけるSSTの実際

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

SST(ソーシャルスキルトレーニング)の理論と活用法(2)

ソーシャルスキルの指導については、様々な現場で重要性が認識されています。この講座では、SSTの理論に加えて、実際の個別支援場面、集団指導場面のケースをもとに、どう教えて支援していくのかを紹介していきます。

目次

1、集団指導におけるSSTの実際
2、ケーススタディ

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

感覚統合の理論と活用(1)

発達障害者支援において人間の発達における感覚の知見はとても重要です。この講座では、感覚統合理論をもとに、そもそも「感覚」とは何か?そして、感覚運動を通した身体の発達を促す支援の実際について、紹介していきます。

目次

1、感覚統合とは?
2、感覚から見た人間の発達
3、支援現場での感覚の困難の事例

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

感覚統合の理論と活用(2)

発達障害者支援において人間の発達における感覚の知見はとても重要です。この講座では、感覚統合理論をもとに、そもそも「感覚」とは何か?そして、感覚運動を通した身体の発達を促す支援の実際について、紹介していきます。

目次

1、ケーススタディ①
2、ケーススタディ②
3、ケーススタディ③

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

構造化支援の理論と実践

アメリカのTEACCHプログラムから始まった支援環境の構造化支援は、現在世界の自閉症療育のスタンダードになっています。この講座では、構造化支援の理論と、実際の現場で見られる構造化の事例を紹介していきます。

目次

1、構造化とは?
2、環境の構造化
3、支援の構造化

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

アセスメントの理論と実際(1)

発達障害は脳機能の困難であるため、見た目では行動の原因が判断しずらく誤解が生じやすいという特徴があります。そのため、観察や検査などを通した実態把握(アセスメント)が重要になります。この講座では、アセスメントにおける観察や記録の方法や心理検査の読み取りなど、支援現場でのアセスメントについて学んでいきます。

目次

1、アセスメントの基本
2、アセスメントの手法
3、心理検査について

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

アセスメントの理論と実際(2)

発達障害は脳機能の困難であるため、見た目では行動の原因が判断しずらく誤解が生じやすいという特徴があります。そのため、観察や検査などを通した実態把握(アセスメント)が重要になります。この講座では、アセスメントにおける観察や記録の方法や心理検査の読み取りなど、支援現場でのアセスメントについて学んでいきます。

目次

1、WISCについて
2、K-ABC2について
3、発達検査について

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

集団支援の理論と実践

発達に困難のある子は、個別で支援するケースと集団の中で支援するときでは、異なる支援技術が必要とされます。この講座では、集団指導の際における指導理論と実践を紹介していきます。

目次

1、集団支援の理論
2、集団指導の基本的スキル
3、ケーススタディ

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

実践講座タイトル一覧

ケーススタディ① 〜距離感が近い子〜

距離感は、対人関係を構築していく上でとても大切な力です。この講座では、人間の距離感の発達に関する基本理論と実際の支援事例をもとに、ケーススタディを通して学んでいきます。

目次

1、距離感の発達理論と支援
2、ケース①
3、ケース②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

ケーススタディ② 〜暴言・他害行動が見られる子〜

暴言や他害行動は、社会生活をしたり、対人関係を構築したりする際に大きなデメリットとなります。この講座では、暴言・他害行動をしてしまう子の基本的な原因と実際の支援事例を、ケーススタディを通して学んでいきます。

目次

1、暴言・他害行動の理論と支援
2、ケース①
3、ケース②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

ケーススタディ③ 〜援助要求が苦手な子〜

発達障害を抱える人は、自分でできることとできないことを見極めて、できないことをどう助けを求める(援助要求)かが重要になります。この講座では、援助要求が苦手な子への基本的な原因例と実際の支援事例を、ケーススタディを通して学んでいきます。

目次

1、援助要求の理論と支援
2、ケース①
3、ケース②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

ケーススタディ④ 〜切り替えが遅い子〜

発達障害を抱える子の中には、切り替えが遅く周囲と同じペースで行動できないことが、困り感の原因になっているケースがあります。この講座では、切り替えが遅い子への基本的な原因例と実際の支援事例を、ケーススタディを通して学んでいきます。

目次

1、切り替えの理論と支援
2、ケース①
3、ケース②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

ケーススタディ⑤ 〜空気が読めない子〜

場面に合わせた振る舞いや言動ができることは、社会生活を営む上でとても重要になります。この講座では、社会性の障害(空気が読めない)のある子の基本的な原因と実際の支援事例を、ケーススタディを通して学んでいきます。

目次

1、社会性の理論と支援
2、ケース①
3、ケース②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

ケーススタディ⑥ 〜こだわり行動が強い子〜

ASD(自閉スペクトラム症)の特性であるこだわり行動は、強みにもなる一方で、対人関係でのズレを産んでしまう原因になることもあります。この講座では、こだわり行動のある子の基本的な原因と実際の支援事例を、ケーススタディを通して学んでいきます。

目次

1、こだわり行動の理論と支援
2、ケース①
3、ケース②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

ケーススタディ⑦ 〜不器用な子〜

発達障害を抱える人は、不器用さをもつことが多いということが知られています。この講座では、不器用な子の基本的な原因と実際の支援事例を、ケーススタディを通して学んでいきます。

目次

1、不器用の理論と支援
2、ケース①
3、ケース②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

ケーススタディ⑧ 〜多動衝動性が強い子〜

多動衝動性は、行動面の課題として取り上げられやすく、また周囲とのトラブルの原因になることもあるため支援者は対応方法を有しておくことが求められます。この講座では、多動衝動性が強い子の基本的な原因と実際の支援事例を、ケーススタディを通して学んでいきます。

目次

1、多動衝動性の理論と支援
2、ケース①
3、ケース②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

ケーススタディ⑨ 〜感覚の困難が強い子〜

近年、発達障害の当事者の声が取り上げられて感覚の困難に関する知見が広がってきました。この講座では感覚過敏、感覚鈍感をはじめとした感覚の困難の基本的な原因と実際の支援事例を、ケーススタディを通して学んでいきます。

目次

1、感覚の困難の理論と支援
2、ケース①
3、ケース②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

ケーススタディ⑩ 〜学習性無力感の子〜

発達障害を抱える子は、失敗体験を積むことが多く、学習やその他の取り組みに対して無気力状態に陥るケースが多いことが知られています。この講座では、勉強にやる気がない子(学習性無力感のある子)の基本的な原因と実際の支援事例を、ケーススタディを通して学んでいきます。

目次

1、学習性無力感の理論と支援
2、ケース①
3、ケース②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

学習支援講座タイトル一覧

学習支援の意義と学習を支える力(認知能力と間違い分析)

現在、学習支援の効果についての研究が進んでいます。自己肯定感のサポートだけでなく、非行、不登校などの社会課題においても学習支援の有効性が知られてきました。この講座では、学習支援の社会的意義と学習を支える力について紹介していきます。

目次

1、学習困難児の社会的影響
2、学習支援の支援効果

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

読みの困難への支援(文章問題)

「読み」の力は学習の基盤であり、「読み」に困難があると人生に大きな影響が生まれます。この講座では、発達性読み書き障害を初めとする読みの困難を有する子への支援について紹介していきます。

目次

1、発達性読み書き障害の理論と支援
2、読みの困難への支援事例①
3、読みの困難への支援事例②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

書きの困難への支援(漢字、作文)

書く力は、学習では基本となるスキルですが、多くの子どもが苦手感をもっていることで知られています。この講座では、書字障害を初めとした「書き」の困難を有する子への支援について紹介していきます。

目次

1、書字障害の理論と支援
2、書きの困難への支援事例①
3、書きの困難への支援事例②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

計算・推論の困難への支援

算数は、得意と不得意な子で別れることが多いと言われる教科ですが、苦手な子への支援が遅れてしまうケースが多いことで知られています。この講座では、算数障害を初めとした「計算・推論」の困難を有する子への支援について紹介していきます。

目次

1、算数障害の理論と支援
2、計算・推論の困難への支援事例①
3、計算・推論の困難への支援事例②

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

就学前の学習支援

学習に使う力は学校に入る就学前の段階から鍛えられています。この講座では、学習に必要な力を幼児期にどのように身につけるのかを学んでいきます。

目次

1、言語発達の理論と支援
2、数の概念の理論と支援
3、実際の支援事例

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

低学年段階への学習支援

この講座では、学習指導要領で扱われている低学年の学習内容を、発達の特性を踏まえてどう教えていくのか、またつまづきやすいポイントの紹介します。

目次

1、低学年のつまづきポイント
2、低学年の国語支援
3、低学年の算数支援

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

中学年段階への学習支援

この講座では、学習指導要領で扱われている中学年の学習内容を、発達の特性を踏まえてどう教えていくのか、またつまづきやすいポイントの紹介します。

目次

1、中学年のつまづきポイント
2、中学年の国語支援
3、中学年の算数支援

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

高学年段階への学習支援

この講座では、学習指導要領で扱われている高学年の学習内容を、発達の特性を踏まえてどう教えていくのか、またつまづきやすいポイントの紹介します。

目次

1、高学年のつまづきポイント
2、高学年の国語支援
3、高学年の算数支援

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

中学生段階への学習支援

この講座では、学習指導要領で扱われている中学生の学習内容を、発達の特性を踏まえてどう教えていくのか、またつまづきやすいポイントの紹介します。

目次

1、中学生のつまづきポイント
2、中学生の国語支援
3、中学生の算数支援

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら

学習計画の立て方

学習は教えてもらうものから、自ら学習するものへと変化をしていきます。この講座でも、自立した学習者になるための、学習方法の身につけ方や学習計画の立て方を紹介します。

目次

1、発達障害と生涯学習
2、自立した学習者
3、学習計画の立て方

講座時間

90分

受講料

3,500円

詳しいスケジュールはこちら